ゲップがよく出るようになったり、食べ物がつっかえる感じがすると胃がんを疑えといいます。
胃がんの患者数は多いですが、胃がんの致死率はそれほど高くはないです。
早期発見であれば98%で完治できるそうです。
治る人は多いのです。

病院

定期的に胃カメラなどの検査をしていれば発見も早く、死亡に至ることはほぼありません。
さて、そうはいってもあまり自覚症状もなく、しごとが忙しければ見つけるのが遅くなる場合はあるでしょう。
胃の上のほうの胃がんなら、胃を全摘出することになります。
もうひとつやっかいなのはスキルス胃がんの場合。
5年生存率は20%まで下がります。
胃がんは発症部位や進行状況によって大きく未来が変わります。
病院選び、医師選びも重要ポイントとなります。
ここは不安だと思ったらセカンドオピニオンも活用しましょう。


セカンドオピニオンは、患者が心から納得のいく治療法を選択できるように、治療の進行状況や次の段階の治療選択・治療方針などについて、いま診療を受けている担当の医師とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めること。