死に方 一覧

ぽっくり寺
(写真:じゃらんnetより)
奈良県斑鳩町にあるぽっくり寺は吉田寺(きちでんじ)。

長患いせず、シモ・スソの世話にもならずにぽっくり往生できるとして信仰を集めています。

臨終のときには阿弥陀如来がお迎に来て、安らかに極楽往生できるそうです。

987年創建の古いお寺で、本堂の奥には、大きなご本尊「阿弥陀如来坐像(重文)」がおられ、「大和のおおぼとけ」と呼ばれます。


【吉田寺】
奈良県生駒郡斑鳩町小吉田1−1−23
0745−74−2651
JR大和路線王寺・近鉄線王寺から奈良交通バス「龍田神社前」下車すぐ

理想の死に方・・・日本ホスピス緩和ケア研究振興財団が2008年に行った調査のデータです。

桜

20〜80代の男女982人の回答によります。

「ある日心臓病などで突然死ぬ」73・9%
いわゆるぽっくり死ですね。

「家族に迷惑をかけたくない」58.6%
「苦しみたくない」50.9%
「寝たきりなら生きていても仕方がない」34.7%

などとなっていて、宗教観の強くない日本ではに関する心配事は、
家族に迷惑をかけたくないということが大きいようです。

ぴんころ地蔵は2003年に成田山薬師寺前に建立されたお地蔵さま。
信州佐久市野沢にあります。

年間約5万人が訪れ、大型バスも来るという人気スポットになっています。

「元気よくピンピン生きて、最期は寝込まずにコロリと逝く。」
というピンコロの願いを聞き届けてくれるお地蔵さまです。

携帯電話のストラップ、湯のみ、エコバッグ、法被などのぴんころグッズまであるほど。

ぴんころ地蔵公式サイトはこちら。
http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/

すごい数のグッズがあります!


ぴんころ地蔵所在地:長野県佐久市大字原467

このページの上部へ