高齢化によって葬儀が簡素化する。
という図式があります。

いまや高齢化率は20%を越えています。

亡くなる人の半数は80代より高齢。
喪主、配偶者も当然60歳以上・・・。

豪華なお葬式は必要なくなります。

故人の年齢が高いほど、知り合いは少なくなり、参列者も減りますから、小規模で十分なのです。

近親者だけの家族葬
お通夜も告別式も省略して、納棺と出棺をして火葬する直葬
このようなシンプルな葬儀が増えるのです。